日常生活と釣りの話


by P-20

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

偏光

川で使う場合のmy favoriteは、
ピルキントンのグレーの調光タイプ、バランスを考えるとこれ

渓流で魚が見えるかどうか?  て、
メガネの性能よりも、人間の性能のほうがはるかに影響が大
渓流の場合、偏光の効果が出るのって、
足下から5、6mまで、これは理論的な限界値
海で使う場合はまたちょっと特殊な影響が出るけどね・・・

それに、裸眼でも見える人は見える     
魚が見えるかどうか? って偏光レンズの性能より違うところが重要

目の保護とか底石の確認とか、コントラストつけてフライを見やすくするとか
渓流の釣りでメガネに求める目的はそっちがメイン
偏光度を上げすぎれば、どうしても暗くなるし、
コントラストをきつくすると目の疲労が増す
渓流の場合はバランス

ライトブラウンも悪くないけど、
同じ明るさを確保するとちょっと偏光度が落ちるんよね

ただ調光タイプは撥水コートかけられないらしんで、それが難点
撥水コートしてあれば、曇ったら川の水で洗っておしまい

海でサイトやるときは、求めるバランスがまた違ってくるけどね
[PR]
by P-20 | 2011-07-24 08:36 | たわごと | Comments(4)

何とか

これで$170ですから
たぶん関税は免除の予定
グラベルガードと糸が欲しかったんで、シムスとSAGEのシャツはおまけ
f0004965_17284946.jpg


ショップとかの人は、やっぱり何とかしないと売れないでしょうよ
どうしたらいいか俺もわからないけど、
自分で何とかするしかないじゃん
職業でやってるんだから

どんな職業も、みんななんとかやってるよ
なんとかできなくなったら、別のprofessionを探すだけ
[PR]
by P-20 | 2011-07-19 17:29 | たわごと | Comments(4)

物欲

こいつがめちゃくちゃ欲しいのだが、さすがに安月給では無理だ。
タイタニウム

円高だから、イクシークより安くない?
[PR]
by P-20 | 2011-07-05 19:52 | たわごと | Comments(3)

川も夏パターン

コーチマンのwet 流せば一発なんだけど、ドライにこだわったらシビアだった。
どの魚も直前で、反転する。 久しぶりに小さいフライを使ってしまった。



浅い瀬の底にある緩流帯にはりついて、水底の流下物を食ってるパターン。
水面は流れが速すぎるんで、見にはくるけど、基本的には口は使わない。
流速よりかなり遅く流してやらないと、喰わせられない。
ロングリーダーの真骨頂。

流速より遅くして、しかも長い区間を流して魚に発見させる、
14ftくらいのショートリーダーだと、これは難しい。
[PR]
by P-20 | 2011-07-03 20:28 | | Comments(0)