日常生活と釣りの話


by P-20

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ばれる

読みはぴったしだったのに、またも痛恨のばらし。
今年になってから、ばらしまくりじゃ。
情けなくなってきた。

ひょっとして、合わせが弱くて、フックが貫通してないのかな?
[PR]
by P-20 | 2006-07-31 08:54 |

今年は終わりだろうな

太田川、水位おちません。
もう、一ヶ月以上、川に入っていないような。
たぶん、もう終わりでしょうね。
水位が落ちたら、1回だけはいきますが。

50オーバーの鼻曲がりを釣るまでは、
来年も、再来年も、P-20の挑戦は続く (笑)
でも、実際にフライタックルで釣ってる人がいるからねぇ。

ところで、デジカメのSDカードを高速型に替えてみました。
レスポンス良好。
撮影中に脱走されることもかなり減りそうです。
[PR]
by P-20 | 2006-07-26 21:12 | たわごと

ちょっと広いところで釣りたくて、開けた川へ。

もう、抜かれて残ってないだろうと思っていたが、
増水のせいか、お子様サイズながら、ぽちぽち釣れる。
f0004965_16532337.jpg

ただ、けっこう、神経質で、遠くから放り込むか、
マジメにストーキングするかしないと、反応がない。

フライロッダーズに田代さんのストーキングの話が出てたけど、
魚にプレッシャーを与えないで、釣るのはやっぱり重要ですわ。

最近、アプローチとか、キャストの仕方とか、流し方とか、考え直してます。
それぞれは、たいしたことなくても、積み重なると
一日の釣果はかなり変わってくるんだな。
当たり前か・・・
[PR]
by P-20 | 2006-07-25 17:03 |

なんとなく・・・

ハゼねた、続き。
夏の暑い時期に京浜運河でおかっぱりか、
江戸川でボートっていうのが定番。
ほんで、12月位になると落ちはぜ。

もちろん、船からも釣れるんだけど、
印象に残っているのは、ばか長をはいて立ちこんでの釣り。
今はどうなってるのか、皆目見当もつかないんだけど、
木更津あたりにまだ干潟があって、
そこに立ちこんで、のべ竿で釣る。
数は釣れないんだけど、大きいのは25cmオーバー。

この釣りを教えてくれた親戚が、最近なくなった。
確か、90を越えていたはずで、大往生なんだけど、
訃報を耳にすると、色々と思うことがある。

自分もいつかは死ぬんだな、ということを、
現実のこととして考えてしまった。

いつまでも、高い太田川の水位を眺めながら
こしかたゆくすえに、思いをめぐらす、今日このごろ。
[PR]
by P-20 | 2006-07-20 17:12 | たわごと

2連休

土曜は仕事だったんで2連休。

日曜は匹見方面を適当に。
条件はよかったんだけど、人が多かった。
月曜は、川についたら濁流で断念。

今年は#4ラインをメインに使ってるけど、
リーダーとかフライのコントロールは#3より、いいよね。
当たり前か・・・

HP696/3 到着
このロッド、たのすい〜
さて、問題は何釣って入魂するかだ。
[PR]
by P-20 | 2006-07-18 07:19 | たわごと

”超”ー瀬戸際の道具

超瀬戸際の道具シリーズ。
f0004965_11572942.jpg

インナーバンブーロッド!!
って、中通しのハゼ竿ですがな。
江戸前のはぜ釣りで使うやつです。
父親が使ってたのを強奪してから、はや20年。
作られてから、そろそろ40年くらいじゃないでしょうか?

f0004965_1158147.jpgリールの替わりに手許に枠がついていて、ここにラインは収納しておく。
ラインの色は黒が定番。ライカとかラージとか言う奴だと思います。


魚がかかったら、穂先から出ている糸をつかんで、たぐり寄せます。
このままだと、全長9尺。
写真にはないですが、手元にさす延長の部分があって、延ばすと一間。
浅場を釣るときは、一間にすれば、糸をたぐらなくていいので、効率がいい。

f0004965_11584562.jpg
f0004965_11591957.jpg浅草橋あたりから船が出ていて、
秋の彼岸くらいからが魚も大きくなって面白い。
昼食に船頭が船上で天ぷらをあげてくれる。

簡単なようで奥の深い釣り。
うまく誘いをかけるのと、ブルブルのあたりの前に、竿先がちょこっとお辞儀する「のり」の合わせをマスターしないと、束釣りは難しい。

ほんで、話は変わるけど、最近のキャス練の目標はホールのタイミング。
あと、コンマ1秒か2秒遅めにしたいんだけど、それがなかなか出来ない。
10回に1回くらいはタイミングが合うんだけど、
ラインスピードが、ど〜んと上がる。

ところで、#4か#5のパックロッドでパワーのあるやつ
どなたか貸して頂けないでしょうか?
[PR]
by P-20 | 2006-07-13 12:03 | たわごと

梅雨の晴れ間

日曜日、朝起きると、予報に反して雨は降っていない。
芸北方面の天気をチェクするが、雨は降りそうにない。
午前中は昨夜の雨の影響が残っているだろうから、
午前中はプール(泳ぐやつね)に行って時間つぶし。
午後から、出発。
途中、太田川は大増水。
山間部に入ると、少しは水は減るが、それでも多め。
一発勝負のポイントをチェックするが、水多過ぎでX。
クロアゲハ
f0004965_19443230.jpg


セセリチョウ
f0004965_19445365.jpg


そのあと、支流の支流にもぐり込む。
かなり増水しているが水はクリア。
空には晴れ間が見えている。
この沢は伐採の影響で、一時期調子が悪かったんで、ひさしぶりに入渓。
小振りながら、ポイントごとに魚が反応する。
ヒラキの水が集まるところに魚がついている。
ゴギがひらきについているときは、スイッチが入っているとき。
1匹、かけ損なって下の段に落ちてしまったのだが、
落ちたところで、定位し直したのをキャッチ出来たのは笑った。
f0004965_19452790.jpg

[PR]
by P-20 | 2006-07-10 19:46 |

昔の道具達

この道具達とは、かれこれ20年のつきあい。

35Lのバックパックは、ICIスポーツオリジナル。
カリマーとか、ミレーが欲しかったのだが、貧乏学生には手が出なかった。
2泊くらいで、ぶらぶらと山に行くにはちょうどいいサイズ。
このバックパックを持って、上越国境の山をぶらぶらするのがお気に入り。
山に行かなくなった今も、ちょっとした遠征釣行に便利がいい。
NZでもモンタナでも活躍してくれた。
ウェーダーとベストと着替えと一日の食料を入れるには、ちょうどいい大きさ。
f0004965_124884.jpg


黄色いのは、ツェルト。
今風にいえば、一人用のシェルター。
軽量・コンパクトを追求すると、これが一番。
雨が多い日本の山では、シェルターはやっぱり必要。
長いこと使っていないけど、たぶん、まだ使えるはず。
f0004965_1244331.jpg


タンクは飲料水用。
2Lの水は、切り詰めれば、一日の行動には十分。
グランテトラとかがかっこいいのだが、信頼性はポリタン。
水に匂いがつくのが難点だが、使い込むと気にならなくなる。
こいつは今もときどき使う。
f0004965_1252334.jpg


この他にEPIのポケットコンロもだいぶ使ったんだけど、
劣化で、プリムスに世代交替。
[PR]
by P-20 | 2006-07-05 12:09 | たわごと

雨ですなぁ。

昨晩は頑張れば、
なんとかなる水位だったなぁ。
行けばよかった。
またしばらく、降るみたいで、
次に水位が落ちるときが、
ラストチャンスかな。

今日、某所で材木運搬用のトラックが、
道路下に1回転して、転落していました。
去年の台風の影響が残っているところに、
この大雨で、林道の路肩が崩れたようです。
林道通行のさいは皆様お気を付け下され。
[PR]
by P-20 | 2006-07-01 06:08 | たわごと