日常生活と釣りの話


by P-20

キャスティングスクール

P-20はキャスティングが好き(下手だけどね)。
#6タックルと、芝生があれば一日退屈しないで過ごせます。

まあ、一人で練習しても、よくわからないんで、
スクール(有料のね)にも参加してみたりします。
最近は、有名どころで、一日8千円くらいですかね。
この値段をどう思うかは、人それぞれだ思うけど、
けっこうリピーターの人は多いんじゃないかな。

色んなレベルの人が参加されますが、
いわゆるビギナーのときに参加された方って、
P-20からしてみると、うらやましいですね。
何がいいって、すぐにうまくなる。
大体の方が、1日目でループを作れるようになって、
2日目には、ダブルホールをある程度マスターしちゃいますよね。
変なくせがついてないっていうのもあるけど、
やっぱり謙虚というか、素直に先生のいうことを聞くのが、良いんだと思う。

自己流の人が、スクールに参加しても、伸び悩むことがあるのは、
くせがついてると、くせをぬくのに一苦労するっていうのもある。
それと、25ydくらい出せる人の場合、
なかなか謙虚になりきれないっていうのも、あるんじゃないかな。
先生の技術がすごいのは、認めざるを得ないんだけど、
今の自分でも、とりあえず釣りはできるから、いいんだもん、
みたいな。 笑

フライフィッシングをされる方は、それなりの年齢の人も多いから、
人に物を教わるのが、ちょっと苦手に感じることが多いらしい。

教え魔なんて言葉もあるくらいだから、
人に教えるっていうのは、楽しいんだと思う。
ちょっと、優越感をくすぐるところもあるし。
教わるって言うのは、やっぱり、その逆ね。 笑
まぁ、一回、教わっちゃえば、あとは、どうってことはないんだけど。

ところで、スクールで聞いた話なんだけど、
教わっちゃおう組、ていう人たちがいるらしい。
本当は出来るんだけど、教わっちゃう、みたいな。
ちょっと、いやらしい感じがしないでもないけど、
こういう人達って、人生の達人なんだなって思う。
仕事でも、すいすいと、流れを渡って行きそうな感じがする。
まわりから、いろんな物を吸収しながらね。

話が戻るけど、
ビギナーのときに、本当のエキスパートの技を見る事が出来た人は、
たぶん、竿を握れなくなる日まで、自分を磨き続けるんじゃないかな。
エキスパートっていうのは、探求し続けてるからね。
生物学用語でいうところの、「すりこみ」ていうやつだ。
その点が一番ラッキーだよね。


ということで、今回のエントリーは「進化論」の補綴でもあります。 笑
[PR]
by P-20 | 2006-02-15 22:20 | たわごと