日常生活と釣りの話


by P-20

コルクの品質ねぇ

昨日は職場の大掃除だったんで、暑さでへろへろでした。

さて、
wetやってるときのサツキのあたりって、
ふつうコツコツって前あたりがきて、
そのあとドンッ、のることが多いんですよ。

ただ、15ydまでの接近戦で神経を集中してやってると、
モワッという、前あたりの、さらに、前あたりがわかることが有るんです。
ジグヘッド+ワームでメバルやった人なら、感覚わかると思うけど、
このときに、ロッドをなにすると、かなりの確立で魚がのるんですよ。

なんで、今年はこういう釣りをやろうと思って、
#5を新調したんですよ。

イブニングっちゅうか、夜まづめ(笑)の釣りなんで、
手のひらに全神経を集中して、釣りします。
じゃないと、モワがわからないし、
根がかりとか、障害物とか回避できないしね。

でね、グリップぼろすぎると気になって気になってしょうがないんですよ。

日本でロッドをプロデュースしてる人に
日本のロッドはグリップの質が悪いことを何回か聞いたことがあるんだけど、
だいたい、皆様、投げるのには関係ない、っておっしゃいます。
まあ、それはそれで正しいんだけど、それだけじゃないと思うよ。

ちなみにこの写真はデモロッドのグリップ。
最初にうちに来たのはもっと悪かった。


f0004965_8405795.jpg
f0004965_8411222.jpg
f0004965_8412356.jpg

[PR]
by P-20 | 2007-07-26 08:42 | たわごと