日常生活と釣りの話


by P-20

2006を振り返る

渓流シーズンも終わって久しいんだけど、
少し時間ができたんで、今年の総括。

尺は本流でなんとか一本、なき弱はぽちぽち。
天候のせいもあるんだろうけど、
ここ数年、シーズン終盤まで、大きい魚が結構残ってる気がする。

ほんで、ここ2、3年の自分の傾向だけど、
漁協による放流がない川で釣ることが増えた。
買った年券は、7カ所、総額、約2.5万。
だけど、1/3くらいは放流のない
(個人が少ししてるかもしれないけど)川で釣った。

放流が多い川は釣れて当たり前的なところがある。
解禁当初の魚が欲しい時期はありがたいんだけど、
シーズン中盤になると、なんかいまひとつ、当たり前すぎるというか・・・

それと、魚の俊敏さというか、
本気でストーキングしないでも、ザブザブ川に立ちこんでも
リーダーキャストで釣れちゃう、ヤマメってなんかピンとこない。

20年前にえさ釣りしてたころって、もっと緊張感があったんだけど・・・
養魚場育ちということだけでなくて、
ひょっとして、遺伝的にもセレクションがかかってる??
[PR]
by P-20 | 2006-11-18 13:31 |