日常生活と釣りの話


by P-20

ミレズニックへ

写真がなかなかこないんで、手持ちの写真でいきます。

2日目はMZ ranchへ。
ここは、牧場の中を2本のスプリングクリークと、
それにくわえて、イーストギャラティンが流れている。
プライベートの敷地の中なので、州のライセンス他に入場料が必要になる。
f0004965_1112772.jpg


f0004965_8125643.jpg




ほんで、ここの釣りはかなり難しい。
フラットな流れの中でハッチに合わせた釣りになる。
魚もそれなりにすれていて、あまり近づかせてはくれないので、
ストーキングやキャスティングの能力も問われる。
前回きたときは、キャストがままならず、悔しい思いをしたので、
今回は少なからず思うところがあった。

ただ、9月ということで、スプリングクリークは残念ながら
ハッチが今一で、イーストギャラティンがメインの釣りになった。
(スプリングクリークの方が釣りの難易度は高い)
広い牧場の中をゆっくりと歩いてポイントまで行く。
ちょうど渡りの季節らしく、ツルの家族が飛んでいる。

最初のポイントにつくと、カモがぶわたぶわたと、飛びたって行く。
当然ライズ無し。
次のポイントに行くと、カモがぶわたぶわたと・・・
以下繰り返し・・・
ちょうど鳥の渡りの季節のようで、たくさんの水鳥が休んでいる。
しかし、これでは釣りにならんので、
自分がライズ待ちをしている間にガイドがめぼしいポイントを歩いて、
カモを追い払ってくれる。

ほんで、昼前ごろからトライコのダンが流れてくると、
魚も反応してライズがはじまる。
f0004965_11101650.jpg

一見すると楽勝に見える。
だけんども、これが難しいのよ。
まず、15yd位までしか近づけない。それ以上近づくと、魚は移動する。
フラットな流れで、ティペットの陰が見えると食わない。
魚はクルージングしながらでライズの位置は安定しない。
大きいのが下流にいるので、ダウンクロスでは流せない。

ダンがスピナーに変わるころにようやく、good sizeをキャッチ。
6.5xで、40クラスとのやりとりは結構緊張する。
f0004965_11131371.jpg

そのあとは、場所を移動しながら、何匹かキャッチ。

昼飯を食って、1回釣った所を午後から再チャレンジ。

午後のハッチが始まるまで、ニンフでちょっとあそぶ。
ドライだとあんなに難しいのに、ニンフだと簡単に釣れてしまうのがご愛嬌。
午後は、スードクローエンに変わって少し釣りやすくなるが、
それでも、難しい釣りだ。
スードの時はマシンガンキャストで打ち返すのがいいそうだ。
適当に釣りながら、4:30ごろまでやって終了。

それにしても、MZは楽しいな。
モンタナに行く機会があったら、また訪れたい場所だ。

f0004965_1194440.jpg

[PR]
by P-20 | 2006-09-30 11:15 |