日常生活と釣りの話


by P-20

なんとなく・・・

ハゼねた、続き。
夏の暑い時期に京浜運河でおかっぱりか、
江戸川でボートっていうのが定番。
ほんで、12月位になると落ちはぜ。

もちろん、船からも釣れるんだけど、
印象に残っているのは、ばか長をはいて立ちこんでの釣り。
今はどうなってるのか、皆目見当もつかないんだけど、
木更津あたりにまだ干潟があって、
そこに立ちこんで、のべ竿で釣る。
数は釣れないんだけど、大きいのは25cmオーバー。

この釣りを教えてくれた親戚が、最近なくなった。
確か、90を越えていたはずで、大往生なんだけど、
訃報を耳にすると、色々と思うことがある。

自分もいつかは死ぬんだな、ということを、
現実のこととして考えてしまった。

いつまでも、高い太田川の水位を眺めながら
こしかたゆくすえに、思いをめぐらす、今日このごろ。
[PR]
by P-20 | 2006-07-20 17:12 | たわごと