日常生活と釣りの話


by P-20

講演会

自傷行為に関する講演会に行ってきた

自殺未遂とリストカットとの違いから始まって
講演者が医師だったこともあり、生理学的な説明まであって勉強になったのだ。

リストカットしてる瞬間はエンドルフィンが出てるケースが多いらしい。
パチがかかった瞬間とか、尺のライズとった瞬間と同じ・・・

リストカットを繰り返してると、
麻薬効果が薄れてストレス解消ができなくなって、
突発的な自殺につながったりするらしい。
涙が出なくなったら、要注意だとのこと。

講演で繰り返し強調されていたことは、
重篤な症例はカウンセリングなんかではどうにもならんので、
プロ(精神科医)との連携が重要、  との点。
警察と軍隊の違いみたいなものか?
面倒な事例につきあってカウンセラーが潰れたら、リソースの無駄遣いだから。

最後に紹介されていたことは
道徳論は、根性論と同じで、現場では百害あって一利なし。
道徳論を理解できる精神状態なら、リストカットなんてしないのだ。
精神的にトラブってる人間に抽象的な話をしても、効果なんてありゃしないのである。
事例ごとに異なる、具体的な改善策の提供が必要なのは、
現場でやってる人間には当たり前の話。

日頃、道徳論なんて振り回してる奴は、現場では邪魔なだけなのだ。
[PR]
Commented by inthedeep at 2011-09-06 05:54
これって、リストカットする人に限った話?
とても勉強になります。
リストカットの原因(ストレス)がなくなるとリストカットは治まるのかなあ?
エンドルフィンが出てる間はリストカット=楽しい?(満足)なんかな?
道徳論=根性論となる現場ってのは現場=医療現場なの?それとも現場=患者さんの職場環境なのかなあ?
あっすいません「?」ばかりで。興味ありありなんで。(笑)
Commented by P-20 at 2011-09-06 07:06
リストカットの場合は、習慣的になっている場合が多いから、ストレスがなくなっても、すぐには治まらないそうです。ただ、一番重要なのはストレスを無くすこと。
=楽しい、ではない場合が多いと思いますが、ストレスや暴力的な衝動を抑える効果があるらしい。
Commented by P-20 at 2011-09-06 07:14
現場=医療・カウンセリングの現場の意味で書きました。
こっからは私見だけど、道徳とか人間論とかって、人格に効果を及ぼして効果が出てくるまでがスパンの長い(5年とか10年とか)話だから。その間に状況が悪化したら、意味なしです。短期的な手 を打っておかないと。 あとね、自傷行為をするような人って、理論武装してる人が多いから、道徳論とか振り回しても論破されます。多くの場合。
Commented by P-20 at 2011-09-06 07:27
相談に行っても産業医が内科医だったりすると、根性論になってしまうことも多いらしい。
Commented by inthedeep at 2011-09-06 11:12
なる程。ありがとうございます。ほぼ思ってた解釈でよかったんですっきりしました。どうしても「道徳論=良い事」と言うイメージが拭いきれなくて、一寸解釈に迷っていたんです。
Commented by mcommittee at 2011-09-06 23:05 x
先天的な発症因子について、最近の知見はいかがなものなんでしょう・・・
認知行動療法+SSRIなんかは有効の感がありますす、
麻酔科の外来に来る患者はほとんど女性なんですよね・・・
精神科には男性も来てるのかもしれませんが、意外と情報が共有出来ておりません・・・・
Commented by P-20 at 2011-09-06 23:35
家族性の場合も多いらしいし、自分の体験値でもそうだけど、単純な遺伝ではないと思いますよ。何か、看病疲れみたいなケースが多いと思う。

医療の対象としては、女性ーー>リストカット、 男性ーー>暴力行為 が多いらしいです。

カウンセラーは薬使えないから限界があります。緊急時の強制力もないし。

by P-20 | 2011-09-05 16:32 | たわごと | Comments(7)