日常生活と釣りの話


by P-20

リーダーキャスト

鳥取M師がFF誌に書いていたけれど、
しなやか過ぎる竿はリーダーキャストには使いにくい。
ラインが2ftくらい出てれば、しなやかな竿でいいんだけれど、
本当のリーダーキャストのときは、曲がりすぎる竿は使いにくい。

9ftくらいの短いリーダーのときは、柔らかい竿でゆっくり投げてもいけるけれど、
16ft以上のときは、ある程度のスピードが必要。

しなやか過ぎる竿だと、スピードを上げるのが大変になってしまう。
[PR]
Commented by mcommittee at 2011-09-02 13:27
リーダー部分でのパラレルなタイトループ(幅20センチ以内)を15メートル先のポイントに放り込む練習してます。
10月あたりで暇があったらレクチャーしてくださいm(--)m
Commented by P-20 at 2011-09-02 14:10
#3で15m先だと、リーダーのループが20cmは私にも厳しゅうございますが(汗)、まずは10mでループを作る練習してみて下さい。ループがフライラインの先端に到達したときに、鋭角に尖っていれば、リーダーもタイトになっているはずです。
Commented by P-20 at 2011-09-02 14:11
フライラインはよく見える色(オレンジか黄色)がいいです。リーダーもティムコから蛍光色のが出ているはず。
Commented by mcommittee at 2011-09-02 19:06
先日の釣りで穴うちする際、かぶってる岩の5センチくらい上をフライが叩いて入らないことが何回もありました(涙)
ゴギの場合、20センチでギリギリかと・・・・
オレンジのリーダーそおいえばありましたね!
久々にSSKに行ってみよう!!!
Commented by P-20 at 2011-09-02 19:49
最後のプールでO師がかけたのが、たぶん16、7m。
あの距離で穴に入れようってのは、次元が違い過ぎ。

10mってショートキャストに感じますが、#3を使うような渓流だと、けっこうな距離です。

車が縦に二台分ですから、駐車場で距離を体感してみて下さい。
Commented by mcommittee at 2011-09-02 22:43
最後のプールが僕の目測で15mくらいかと思っているのですが、O師のループはその幅でしたよ!!
僕の場合、10m以上が鬼門です・・・・
それと、シュート・・・
Commented by P-20 at 2011-09-03 06:05
あれはコピーしようとしても、簡単ではないんです。
インファンテの#3でフルラインだすほうがよっぽど簡単。
そういう意味で、次元が違う。
まずは実現可能なところに目標を設定してください。
Commented by mcommittee at 2011-09-03 06:47
ではまず10m(^^)!!
Commented by P-20 at 2011-09-03 07:01
FFFのCIで要求されるのが45ft、#7で2ftのループです(ホールなしだけど)。前後からビデオ撮りしてみると愕然とするけれど、2ftのループをきっちり投げるのは必ずしも簡単ではないです。
#5か#6で20cmのループを作れます、と言う人は結構いますが、多くの場合は横にかなり寝かせていて、×1.5位のループ幅です。

ということで、キャスティングを真剣にやってると20cmのループ、ていうのは簡単には口にできないです。
Commented by P-20 at 2011-09-03 07:08
まずは10mレンジで前後・左右の精度をきっちり出して(直径50cmでいいから)、全体としては多少ワイドでもいいから、先が尖った失速しないループ。
それができるようになったら、精度を確保しつつ、スラックを入れる量の調整。(今ここーーー>自分)
Commented by P-20 at 2011-09-03 07:10
10月になったら、ぼちぼち一緒に練習しましょう。
by P-20 | 2011-09-01 12:42 | 投げっこ | Comments(11)