日常生活と釣りの話


by P-20

バランス

キャスティングはバランスが大切だと思う

最初のうちは、一カ所を治せばすぐに結果につながるけれど、
ある程度から上のレベルは、
一つの現象に3、4個のファクター(動作)がからんでいることがある

その場合、一つだけをいじると
バランスが一時的に崩れてしまう

複数の要因の改善が連携してくると、
そのとき初めてループが改善してくる
[PR]
Commented by KenYan at 2010-11-30 20:09 x
ホールがまさにそれよね
引くタイミング、引く速度、引く長さ、竿のアクションやティップから出てるラインの長さでその都度全部変わる。
Commented by P-20 at 2010-11-30 20:19
自分の場合はシュートのタイミングなんよ

教科書的なタイミングより微妙に早く動かし始める
腕力弱いから、ラインとロッドの質量だけだと曲げきらんのよね
バックキャストのループの勢いを借りようとすると、少し早めに始動させたい
見ようによってはクリーピングともとれるかも知れん
Commented by KenYan at 2010-12-01 23:06 x
シュートのタイミンって、文面からするとリリースのタイミングじゃなくって最後のフォワードキャストの始動のタイミングじゃね。
わしの場合ループがほどけきる直前って感じかね。
伸びきってからでは遅いように感じます。
Commented by P-20 at 2010-12-02 07:45
そうそう始動のタイミング
ロッドあまり倒さないでラインの重みを感じてからスタート
バチバチいう直前くらいかな?
結果としてストロークもすこし短め

教科書的にはロッドを送り込んで寝かせて(ドリフト)
ティップをの移動距離を稼ぐっていうのが普通だし
そっちのほうが合理的なはずなんだけど
これだと竿を曲げきれないことが多いのよ

Commented by P-20 at 2010-12-02 07:59
シュートの直前のドリフトって意外と難しいんよ
丁寧にやらないと、ラインにスラックが入って
ティップ送り込む意味がなくなるんよね

その結果、パワーで(ロッドの質量を使って)曲げざる得なくなってしまう
by P-20 | 2010-11-30 12:51 | 投げっこ | Comments(5)