日常生活と釣りの話


by P-20

考える

FFFのインストラクションメソッドを勉強するとしばしば出てくる事だけど、
フライキャスティングと他のスポーツの違いは何か? と考えると
50歳、60歳になってもレベルの向上が可能な事

多くのスポーツは20代でピークを迎えるけれど、
フライキャスティングは、歳食っても伸びしろがあるんよね

実際の釣りには絶対的な筋力はそれほど必要な訳ではなくて、
一つ一つは非常に小さい動きを複雑に組み合わせて
ロッドをいかにコントロールするか?  が勝負

ループはロッドの動きを反映するから
ループに問題点があったら、
ロッドがどう動いているか? を考えて、
それは体(腕)がどう動いているからなのか? を考える

ここまで来たら問題を解決するには
体(腕)をどう動かしたらいいかが見えてくるので
そのための動きを体に覚えさせる

問題の解決のためには、原因を正確に解析しないと、
時間ばかりが過ぎてしまう

ヘビーなタックルでラインスピードを上げれば、
スラックは消えるし、テーリングすら隠れてしまう

解析をするためには、
ミディアムファストの竿を使って
ラインスピードを遅くするほうが、
ループとロッドの関係がわかりやすい

まずは、竿の握り方からなんよね
ほとんどの人の場合・・・
[PR]
Commented by KenYan at 2010-11-25 23:57 x
エネルギー消費の多いスポーツは20代までだよねー。
しかも空間認識能力が問われるスポーツは小学校高学年までに開花させておかないとどうにもならない。

フライはスピードもパワーもそんなに必要ないし狭いスイートスポットを狙った瞬間的なインパクトも必要ない。
特に中高年は体が出来上がってるからイメージと体の動きがひとたび同調すればそれが長続きする。
逆に成長期には筋力や骨格がめまぐるしく変化するからイメージと体の動きにずれが生じやすくて、上手くできていたことが数ヶ月サボるとまたできなくなる。

継続してれば体とイメージのずれは随時修正できるんだけど、そういう意味でも若い人たちにとっては渓流オフシーズンのキャス練や海でのフライ釣りって重要だと思う。

若い人が継続して楽しく取り組める環境作りもしないといけんね。
Commented by ペリカン at 2010-11-26 02:25 x
小野さんのスクールで前回やったんですけど、7’2”#3のグラス(スローな竿)で如何にナローループを作るかって言う練習をしました。雑に振るとループはどんどんワイドに・・・出来る限り竿を「固める」練習でした。高番手の練習も必要ですけど、ある程度やりこんだ方はあえて低番手の練習をすると粗が見えて良いそうです。
実際、僕は小野さんのようには振れずとても苦労しました。ちょっと曲芸のようにも見えなくも無いですけど、確かに良い練習だと思います。
Commented by okaniccorito at 2010-11-26 09:13 x
渓流で釣りをしている時はあまり感じなかったのですが、海で釣りをするようになって一番釣れなくなった理由は「キャスティンができていない=飛距離が足りない」ということでした。

海ではキャストできるかできないかで完全に釣果がわかれてしまうのですね。しかも、空気抵抗の大きなフライを吹きさらしの風ビュービューの中で投げなくてはいけないので、僕は番手をどんどん上げていったのですが、そうしたら手首にきました。

フライがついていなければそこそこ投げられるのに、フライをつけたら投げられない。風が右から吹いていなければそこそこ投げられるのに、風が吹き始めたら投げられない。腰上まで浸かっていなければ投げられるのに、浸かったとたん前後ろ叩いて「バッチャバチャ」

これも基本がなっていないからだということは理解きるし、「ふり幅をもっと小さく」と言われれば、頭では理解できても体がいうことをきいてくれません。

自己流キャスティングを解体する塾が欲しいです(笑)





Commented by P-20 at 2010-11-26 12:17
>KenYan さん

若い人向けもぼちぼちやろうと思ってます
宝くじあたったら、専業でできるんだけど、
仕事せんと生活できんので、ぼちぼち取り組みます
Commented by P-20 at 2010-11-26 12:23
ペリカンさん

低番手のスローアクション、難しいですよね
キャスティングの問題点が丸見えになりますから

7ft #3とかだとこちらだと常用するスペックなんで、
釣行の待ち時間とかに、みんなで投げっこしたりしますよ
Commented by P-20 at 2010-11-26 12:27
okaniccoritoさん

まずはペリカンさんに教わって勉強して
その後に何回かはプロに教わるのがいいと思いますよ

ある程度練習してる人でないと、ソルトロッドの#10は投げきれないです
フライのサイズに問題がないなら#8か#9のほうが同じ距離を楽に投げられると思います
Commented by P-20 at 2010-11-26 12:31
それから高番手はしっかりグリップできないと、よけい大変です  
薬指+小指(+中指)でホールドして親指は添えておくだけです
そのためには、SAGEの場合は平均的な日本人だと、グリップ(小指、薬指のあたり)をかなり削る必要があります

ただ、グリップ削りすぎると補償の対象外になることがあるらしいので、自己責任ですが
Commented by P-20 at 2010-11-26 12:32
シングルハンンドにこだわりがあるのでなければ、
ウェーディングの釣りだったら、#7くらいのスイッチロッドを使って、
釣りに専念するのもありだと思います
Commented by okaniccorito at 2010-11-28 08:37 x
スイッチロッドは持っていないので、早速手持ちの8番のダブルハンドでやってきました。


シングルハンドに戻りたくたい感じです(笑)

シングルにこだわりはないのですが、シングルの方がとり回しが良い(ランディングなど)ような気がして、いつもシングルを使ってきました。

スイッチロッドというものを、その時はじめて触ってきましたが、軽くてなんとも気になるロッドでした。

シングルの握り方、ひょっとして小指が・・・

今年の春、右手小指の筋を切ってしまい、手術はしたのですが第一関節がほとんど曲がりません。(リハビリが足りないようで・・・)

その為、グリップがきちんと握れていないのかと、フト思ったりしました。

グリップ成型のほうは保証を考えると躊躇してしまいますね~う~む


現場でペリカンさんに教えてもらえばいいのに、いざ海とか一緒に行くと僕の目が魚マークになってしまい、キャスティングなど全く忘れて釣りに没頭してしまうのです(笑)

いろいろご教授ありがとうございます。

スイッチロッド、欲しいな~(笑)

Commented by P-20 at 2010-11-29 09:03
リハビリ大変ですけど頑張って下さいね
私も右肩脱臼したところが、可動範囲が狭くなってしまって、治すのが大変でした
最近、ようやっと治ってきましたけど

キャスティングはそのうちに練習したくなる時期がくるものなので、その時に頑張ってもいいかもしれません

two-handの場合、ネットがないときは、上手な人はシッポの付け根を握ってハンドランディングしますね(私はできないけど)
by P-20 | 2010-11-25 23:03 | 投げっこ | Comments(10)