日常生活と釣りの話


by P-20

無事合格

FFFのCIの試験を受験してきました。

なぜ、CIを受けるのか(受験料以外に準備に相当の時間と費用が必要)?
と考えるととても深いのですが、シンプルにいえば

(1)広島でフライフィッシングをやる人をもっと増やしたい
(2)人生半分すぎたところで自分への挑戦

(1)数は力なりということですね
自分がフライフィッシングを快適に楽しむには、
フライフィッシングをやる人数を増やすことが、自分の利益になる
ということ

(2)はね、歳を取ると守りに入るから、挑戦し続けないとねっていうこと
自分の年代で守りに入ってしまうと、
今のご時世だと最期まで逃げ切れるかは疑問
自分を常に刺激し続けないと・・・

しかし、そうとうに難しい試験であります
技術的にもかなり難しいですが、それは全体の一部です

キャスティングやフィッシングの技術・知識といったものは
求められることの半分以下だと感じました。

本質は「教えるとはどういうことか?」を理解し、実現できているか?
だと思います これは本当に、本当に難しいことです

一番重要なのは、
自分のエゴをどのようにしてコントロールするか? だと思いました

ま、このへんは今後の自分の仕事にも生きてくることで、とても有益な経験でした

最後になりますが、
今回の試験の機会を設定して頂いた試験官や
サポートスタッフの方々に御礼申し上げます。

それから、今までキャスティングを指導していただいた
ジムみどりさん、小野さん(山口)、宮内庁さん、小野さん(REVIEW)、東さん(BOG)
その他多くの方々に感謝です
[PR]
by P-20 | 2010-11-08 05:41 | 投げっこ