日常生活と釣りの話


by P-20

早春の沢

朝は-4℃まで冷え込んだ。
山はもっと寒い。

小雪がちらつく中、いつもの川の上流部に合流する沢に入る。
放流があるのは、堰堤まで。
堰堤の上から、川に入り、
小さめのドライフライをセレクト。
1投目のフライに魚が水面に出てきた。
ごくわずかに朱点がある魚だった。
f0004965_1131167.jpg

冬の間になまった足腰には、少し厳しい沢をつり上がって行く。
ブッシュの下や石裏の小さいポイントでしか反応がない。
こんな沢にも先行者? と思っていると、釣り師とおぼしき人影がおりて来た。

ブッシュの下で、25クラスがでるが、かけ損ない。
ここで、集中力がアウト。
膝も笑い出している。

夏になったらまた来よう。
[PR]
by P-20 | 2006-03-22 11:03 |