日常生活と釣りの話


by P-20

マイナー

フライなんてもともとマイナーな遊びなんだけど、
製品的には20世紀の終わりくらいで
結構出尽くし感があるわけで
海用の高番手と糸は確かに進歩してるけど

その中でさらに新製品を出してくとなると
従来のものと比較して、
そんなには本質的な差は付けられないないわけで
その微妙な付加価値のために犠牲になってる事は多いよね
わかりやすく言えば、値上げよね
あと品質(仕上げ)の相対的な低下

その僅かな差を本当に求める人は、どんだけいるのかね?
けっこう、無理やりプロモーションで売ってる感じがするなぁ

ごく少数のエクストリームな人のニーズのために、
ふつうの人が買う品物の価格に乗ってきてしまうわけで
竿の仕上げなんて、酷い事になってるし・・・

ホンダですらモータースポーツを縮小する時代だから・・・

淡水の竿なんか、新素材とか新製法とかいらんから
その分で浮いたお金で、テーパーデザインをしっかりと煮詰めて、
1990年ころのSAGEとかwinstonの品質で作ってほしいんよね

昔のGLX(もう15年前よ)とかウルトラファインと比べて、
圧倒的にいい竿なんて、はたしてどんだけあるんかね?
[PR]
by P-20 | 2010-02-16 22:57 | たわごと